カーコーティングをするとワックスは不要になる?

あなたは、車のメンテナンスや洗車をこまめにやっていますか。車をいじることが好きな男性だと、こまめにもやっているでしょう。
しかし、メンテナンスも車検の時だけ、また調子が悪くなったときだけなんて人も多いでしょう。洗車もあまりしないなんていう人も多いでしょう。

そんな人たちも喜ぶような、楽になりそうなメンテナンスとしてカーコーティングが勧められています。ぜひあなたも検討してみませんか。

カーコーティングが今注目されている!

カーコーティングといっても、方法も実に様々です。ポリマー系とガラス系が主なコーティングの種類です。
そして、より効果を期待できる、また満足できるのはガラス系のものとなっています。新車を購入するときにディーラーなどからオススメされるようになってきたのも、このガラスコーティングです。
市販のカーコーティング剤を使って自分でもカーコーティングがすることも可能です。

このようにお店でもまた自分でもできるとして、人気も高まっています。これもネットでの記事の増加、カーコーティングの宣伝をするお店の増加、またカーコーティング剤の種類の増加、その販売数の増加などからもますます注目が集まっているのも頷けます。まだ知らない、やったことがないという人はもったいないです。もしもワックスをしているのであれば、ぜひカーコーティングへ乗り換えてみてはどうでしょうか。

カーコーティングの役目とは

カーコーティングを行った車
カーコーティングと聞きますが、何の役目を果たしているのかご存じですか。なかなか知らない、またワックスと同じではと勘違いしていませんか。ワックスとはその効果も異なります。

ワックスだと艶を出してきれいにするというものです。確かにきれいにはなりますが効果は短く、長くても半年以内で落ちることがほとんどでしょう。
それに対し、カーコーティングは半年ほどから年単位で持つようになっています。市販のカーコーティング剤でも、3年持続なんていうものもあります。ガラス系の場合、年単位での効果を期待できるのです。

そして、効果はつや出しはもちろん、ボディをコーティングすることで傷つきにくなる、汚れがつきにくくなることです。またカーコーティングにより、傷跡を目立たなくさせるといった効果もあります。さらに嬉しいことに洗車の手間が楽になるといったメリットや効果もあります。
ワックスよりも多くの効果があるのです。

カーコーティング後もメンテナンスをしよう

カーコーティングである勘違いにワックスと同じようなものという他に、よくあるのが洗車要らず、メンテナンス要らずということです。
実際にはメンテナンスが必要です。洗車もいわゆるメンテナンスと同じで、汚れがあり、それが残ると見た目はもちろん、コーティングにもよくありません。ですので洗うことも必要です。ただし、水洗いだけで、さっと優しく拭くくらいでもいいのです。

そしてメンテナンスとして、ワックスをつけた方がいいのではという人もいます。しかし、これはディーラーからも止められることが多いです。カーコーティングの上からワックスはあまりやる意味もなく、コーティングが場合には剥がれやすくなったり、ダメにする可能性があります。
ワックスを塗るのではなく、やってもらったカーコーティングの種類のものを市販で購入して、剥がれてきたところや艶がでなくなったところへ少しずつ上塗りした方がいいのです。

同じものがベスト

ワックスならばワックス、カーコーティングならばカーコーティング剤というように同じものでメンテナンスをしましょう。カーコーティングの上からワックスはしないようにしましょう。